40代女性が気になる美容と健康、家庭の情報をお届けします。

40代、50代女性に注目の介護脱毛 メリットとデメリットは?

40代、50代女性に注目の介護脱毛 メリットとデメリットは?

40代、50代女性に注目の介護脱毛

近年、介護脱毛終活脱毛という言葉を耳にすることが増えています。介護脱毛・終活脱毛とは「VIO(アンダーヘア)脱毛」のことです。今、VIO脱毛のニーズは、若い世代だけでなく40代50代にもとても増えているのですが、その理由は「自分が介護されるときに、介護者に迷惑をかけたくない」という思いからのようです。

介護脱毛・終活脱毛と呼ばれる脱毛は、一体どのようなものなのでしょうか?今回は介護脱毛(VIO脱毛)とはどういうものなのか、メリット、デメリットなども含めて詳しく調べまとめてみました。

VIO脱毛など脱毛に関する記事はこちらをご覧ください。
アラフォー女性のムダ毛処理-40代から始めるのがベターな理由(わけ)

介護脱毛(VIO脱毛)について

冒頭でもお話ししましたが、介護脱毛とは、将来、自分が介護されることを想定して行うVIO(アンダーヘア)脱毛のことです。40代50代の女性に人気があり、VIO脱毛をされる方が増えています。

介護脱毛は、介護される側が必ずしなければいけないという決まりはありません。しかし、アンダーヘアがそのままで全然手入れしていない状態だと、介護の時に邪魔になります。「介護者の負担を減らしたい」このような思いやりの気持ちから、介護脱毛をおこなう女性が増えているのでしょう。

介護脱毛は「介護する側」「介護される側」のどちらからみても、行っているほうがメリットも多くおすすめです。もちろんデメリットも少なからずあります。

それでは、介護脱毛のメリットとデメリットとは、どのようなものかみていきましょう。

介護脱毛(VIO脱毛)のメリット

【介護脱毛のメリット1】排泄介助(排泄ケア)がスムーズに行える

高齢になると、トイレにいってもうまく拭き取れない、オムツが必要になる、など排泄に関して介助が必要となる方がいます。介護者にとって、大人の排泄介助をすることは赤ちゃんと違い大きな負担がかかります。それが、介護脱毛(VIO脱毛)で局部の周りをきれいにしておくことで、負担が激減し介助しやすくなります

介護される方にとっては、スムーズにオムツ交換ができることで、介護者に対する申し訳ない気持ちや、恥ずかしい気持ちが軽減するので、精神面で楽になるというメリットがあります。

【介護脱毛のメリット2】衛生面で安心できる

アンダーヘアがあると排泄物の汚れが取れきれていないことがあります。不衛生な状態のままだと臭いの原因になったり、残った汚れが原因で感染症を引き起こす恐れもあります。

介護脱毛(VIO脱毛)を行っておくことで、臭いやムレなどの不快感を軽減し、いつも清潔な状態を保ちやすくなります。

【介護脱毛のメリット3】肌トラブルを起こしにくい

オムツを着用した生活になると、オムツのなかで排泄物(尿や便)がアンダーヘアに絡まってしまいます。汚れを取ろうと肌をゴシゴシしつこく拭くうちに、肌が傷つき、ただれてしまうなどトラブルの原因になります。

高齢者が肌トラブルを起こしてしまうと、回復力が弱まっているために症状がなかなか良くならない可能性があります。介護脱毛をしておけば、排泄物(尿や便)がアンダーヘアに絡まることもなく、ゴシゴシ拭く必要もないので肌トラブルを未然に防げるのです。

介護脱毛(VIO脱毛)のデメリット

【介護脱毛のデメリット1】永久脱毛後は元に戻せない

カミソリや毛抜きでムダ毛を処理するのとは違い、レーザー脱毛機を使用する医療脱毛で永久脱毛をすると、ムダ毛が生えなくなります。そのため、介護脱毛を始める前にじっくりと「VIOをどこからどこまで脱毛するか」を考えておく必要があります。

介護脱毛では完全に無毛にする場合以外に、一部残すこともできます。介助面・衛生面を考えるのであれば完全に無毛にするほうがメリットが多くおすすめしますが、老後も温泉などを楽しみたいという方は、自然な感じにアンダーヘアを残すほうが良いでしょう。

【介護脱毛のデメリット2】施術中に羞恥心を伴う

介護脱毛をするには、施術者にデリケートゾーンを見せなくてはいけません。足や腕の脱毛と違い、デリケートゾーンを人に見せるのはやはり抵抗がある方が殆どです。

介護脱毛(VIO脱毛)の施術に関しては、殆どのクリニックで、施術を受ける方が安心して受けることができるようにさまざまな配慮があります。例えば、完全個室での施術や、肌の露出は必要範囲のみになる施術着があるなどです。クリニックによって異なるので事前に問い合せして確認しておきましょう。

【介護脱毛のデメリット3】施術に痛みが伴う

アンダーヘアは皮膚が薄くデリケートな部位にあり、多くは太く濃い毛質です。脱毛器は太く濃い毛に強い反応をするため、照射時に痛みを感じることがあります。この痛みの程度は、脱毛器の性能や施術者の技術によって違いがあるようです。

介護脱毛(VIO脱毛)はどの程度まで行うべき?

介護脱毛は、介護を受けることを前提に行うならVIOゾーンすべて脱毛することをおすすめします。しかし、日本は諸外国のようにハイジニーナ(完全無毛)が一般的ではなく抵抗がある方が多くいます。

VIOゾーンすべて脱毛することに抵抗があるなら、Iゾーン・Oゾーンの両方、もしくはどちら一方の脱毛をするのも良いでしょう。Iゾーン・Oゾーンの脱毛は、介護時に介護者の負担を減らすことができます。

介護脱毛(VIO脱毛)は白髪になる前に始めましょう

脱毛クリニックや脱毛サロンで使われているレーザー脱毛器は、ムダ毛の黒いメラニン色素に反応し、毛母細胞を壊して脱毛するという仕組みになっています。そのため、メラニン色素のない白髪にはレーザーは反応しないのです。現在のところ、白髪を脱毛できるサロンやクリニックはわずかしかありません。

40代・50代は白髪が増えてくる年齢です。介護脱毛を考えているなら、アンダーヘアが白髪混じりにならないうちに行うほうが、見た目もきれいに脱毛できるのでおすすめです。

Beautyカテゴリの最新記事