40代女性が気になる美容と健康、家庭の情報をお届けします。

化粧品(コスメ)の鮮度を保ってベストな状態を維持する、たった3つの方法とは?

化粧品(コスメ)の鮮度を保ってベストな状態を維持する、たった3つの方法とは?

化粧品(コスメ)の鮮度を保ってベストな状態を維持する、たった3つの方法とは?

アラフォー(40代)女性に限らず、毎日使うスキンケアアイテムやファンデーションといった化粧品(コスメ)ですが、これらの使用期限や正しい保管方法をしっていますか?

美容部員(ビューティアドバイザー/BA)がいる、デパートなどの店舗で購入した場合でも、使用期限や保管方法については特に知らされることはありません。ですが、コスメには品質が保証されている使用期限があること、正しい保管方法があること、正しい保管方法を知らないと使用期限内であっても品質が劣化してしまうということを知っておいてください。毎日使い、また、肌に直接使うものであるので大事なことです。

今回は、コスメの使用期限と正しい保管方法について詳しく調べてみました。

コスメの使用期限はどれくらい?

実は、コスメにも使用期限はあります。多くのコスメに使用期限の記載はされていないので、私たちは「いつまでに使い切ろう」などと計画を立てて使うこともありません。

コスメが劣化すると、油分などの成分が古くなって酸化し、過酸化脂質(活性酸素が体内不飽和脂質に酸化して生成される物質)に変化して肌を刺激します。また、活性酸素が肌の乾燥、シワ、たるみを促進させてエイジング(老化)肌の原因になると考えられています。

【開封前】製造後3年間は分離や変質しないように作られていて、メーカーが品質の保証をしています。
【開封後】基本的には3ヵ月ほどで使い切るのが理想です。但し、使用期限が設けられている商品の場合は、そちらを守るようにしてください。

すべての製品には「ロット番号」という数字が記されています。これはメーカー用の使用期限の代わりになるもので、製造日や製造状況などが把握できるようになっています。

これらの使用期限は、使用方法や保管状態によって違いがあるので目安程度に覚えておくようにしましょう。

コスメの正しい使い方と保管方法

コスメを劣化させずに長持ちさせるには、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか?コスメを長持ちさせるために気をつけるべき3つのポイントと、劣化を防ぐ正しい保管場所についてみていきましょう。

コスメを長持ちさせるために気をつけるべき3つのポイント

【ポイント1】コスメの蓋を開けっ放しにしない
「蓋が開けっ放し、きちんと閉まっていない」 コスメがこのような状態だと、空気中の酸素に触れて「酸化」してしまいます。酸化は変質や変色の原因となり、コスメ本来の効果が発揮されにくくなります。

【ポイント2】コスメの中身に直接触れない
ジャータイプのコスメは、必ずスパチュラなどを使って取ります。直接、指で取ることで中に雑菌が混じってしまい、品質を劣化させる原因になります。

【ポイント3】取り出したコスメを戻さない
コスメは1度取り出したら、容器に戻してはいけません。量が多いからといって容器に戻すことで雑菌の繁殖を招きます。適量を取り出すことを心掛けましょう。

これら3つのポイントから「清潔を保つ」「酸化を防ぐ」ことがコスメの品質を保つ大切な要素と言えます。蓋をきちんと閉める、スパチュラなどのツールを使う、一旦取り出した中身を戻さないなど、基本的なことを守れば問題ありません。

コスメの劣化を防ぐ正しい保管場所とは?

コスメの劣化を防ぐには「高温多湿は避ける」「温度変化が少ない」「直射日光が当たらない」という状態で保管する必要があります。

例えば、以下のようなことを気をつける必要があります。
・夏場は、窓の近くや車の中などといった高温になりやすい場所には置きっぱなしにはしない
・冬場は、冷え込む場所に置くことで成分が分離してしまう可能性がある

また、化粧水には「冷暗所に保管する」と記載のある商品が多いのですが、冷暗所とは冷蔵庫のことではなく「温度が一定に保たれる直射日光が当たらない場所」という定義です。自宅だと、部屋の戸棚やパントリー(収納棚)というような場所が比較的温度が低くなる場所だといえます。

まとめ

普段、何気なく使っているコスメは、幾つかのことに注意して正しく使用することで品質劣化を防ぎ、長く使用できると分かりました。

ただ、私たちは常に自宅で過ごしているわけではないので「正しい保管場所」で保管し続けることは少し困難かもしれません。例えば、仕事に出掛けた後の自宅は閉めきった状態です。保管場所に気をつけたとしても、コスメにとって決して良い環境とは言えないでしょう。

次回は、コスメを最良の環境で保管できる「家電」についてご紹介させていただきます。温度と湿度をコントロールし、コスメへの推奨環境を維持できる素敵な製品です。

Beautyカテゴリの最新記事