40代女性が気になる美容と健康、家庭の情報をお届けします。

アイメイクに気をつけて! アラフォー老けメイクをさけるたった4つの方法

アイメイクに気をつけて! アラフォー老けメイクをさけるたった4つの方法

アラフォー老けメイク

目にポイントを置いたしっかりアイメイクは、目元のエイジング(老化)が進んで、まぶたの弾力やハリのなくなってきたアラフォー(40代)世代には似合わなくなります。いつもと同じように慣れたノウハウで同じアイメイクをしていると「何だか目元が暗い」「違和感を感じる」などと思うことはありませんか?

加齢とともに肌の状態も顔も変わってきます。40代がやってはいけないメイクは封印し、大人世代の女性がより素敵にみえるメイクを楽しみましょう。

【まつげ】失敗つけまつげ&盛りすぎまつエクは老ける!

加齢とともに髪の毛が細くなったり抜け毛が増えることと同様に、まつげも細くなり量も減っていきます。そうすると、つけまつげやまつエク(まつげエクステンション)がアラフォー(40代)世代の強い味方となるのですが、やりすぎないよう注意が必要です。

アラフォー(40代)世代のまつげは、ナチュラルで上品にみえるように仕上げることがポイントです。落ち着いた雰囲気の大人の女性を演出しましょう。

つけまつげは、慣れればメイクの時短になり、自まつげと間違えるほど自然な仕上がりになります。しかし、慣れていないと、付けていることがバレていたり、まぶたから浮いていて不自然ということにもなりかねないので注意が必要です。

まつエク(まつげエクステンション)は、長さや毛量、種類によって仕上がりの雰囲気が大きく違ってきます。つけまつげと同様により自然に見せることができるように、施術者へオーダーする時に”なりたいイメージ”をきちんと伝えることが大切です。

つけまつげとまつエク(まつげエクステンション)に関する記事はこちらをご覧ください。
「大人まつげの新常識!目元はっきり 手軽に出来る、まつエク&まつげパーマ」

【アイライン】囲みアイラインは老ける!

20代の頃は目力メイクが全盛期で、今でもついつい目元にポイントを置いてしまうアラフォー(40代)世代がしがちなメイクが「囲みアイ」です。このメイク方法は、ハリがなくなりつつある目元には不自然で、かえって目を小さくきつく怖い印象に見せてしまいます。真っ黒のアイラインでぐるりと目を囲んだアイメイクは、ハリのある目元にこそ映えて、恰好よくも美しくも見えるのです。

アラフォー(40代)に似合うアイラインは、より自然に目力をアップさせる引き方です。まず、まつげの隙間をリキッドのアイライナーで少しずつ埋めていくのですが、この時、上まぶたを指で持ち上げて、必ずアイライナーは下からあててラインを描きましょう。次に、まつげの上の中央から目尻の5ミリ先までラインを重ねて引いていきます。ラインがぶれてしまっても、綿棒で丁寧に馴染ませれば大丈夫です。

下まぶたのアイラインも「囲みアイ」のように、目頭から目尻まで引いてしまうと怖い印象になってしまうので、黒目の外側の目尻部分だけに引くことがポイントです。

【アイシャドウ】エイジング肌が目立つ粗めのラメシャドウは老ける!

アラフォー(40代)世代になると、まぶたには加齢によるくすみやシワが現れてきます。女性らしい印象をもたらすラメ入りのアイシャドウを使う場合は、粒子が粗いものではなく細かい粒子のものがおすすめです。

粗い粒子のアイシャドウは、シワを目立たせてしまったり、品のない印象になってしまったり、大人の女性らしい印象とはほど遠くなってしまうからです。40代には、微粒子のラメやパール、色はやわらかいベージュやブラウンが洗練された大人の印象に仕上がるのでおすすめです。

アイシャドウやマスカラの使用ポイントなどの詳細は、こちらの過去記事をご覧ください。

アラフォーにおすすめの春メイク 若返りメイクの5ポイント

【アイメイク】手を加えないスッピンアイは老ける!

アラフォー(40代)世代は、”やりすぎたアイメイク”と同様に”手抜きすぎるアイメイク”にも気をつけましょう。まるでスッピンのような目元のままだと、ナチュラルではなくボヤっとした印象になってしまいます。また、目元に弾力やハリがないため、疲れてみえたり、老けて見えたりと良いことありません。

時間がなくてアイメイクができない時でも、ビューラーでまつげを持ち上げてマスカラをサッと塗るだけでも、目力が復活して目元がはっきりとします。40代には、ロングラッシュタイプがおすすめです。長さを強調して上品なまつげに仕上げることができます。

まとめ

今回はアラフォー(40代)のアイメイクを見直してみました。目元は、エイジング(老化)がメイクによってシワが目立ったり、くすみを目立たせたりと特に気をつけたい部分です。また、まぶたやまつげのエイジング(老化)対策には、美容液などのスキンケアも取り入れて、よりメイクが引き立つような肌づくりも大切でしょう。

40代の目元メイクのポイントは、パーツを活かしたナチュラルさと上品さをつくることでしょう。ほんの少しのメイクで目元がハッキリして元気な印象になります。

Beautyカテゴリの最新記事